痩せたい方のお悩み解決!ダイエット情報ならダイエットスタイル。

チアシードでダイエット【栄養豊富で置き換えダイエットに最適】

   

楽して痩せたい!って思いませんか?

様々なダイエットにチャレンジしていると、海外のハリウッドスターが実践しているダイエット方法や、続々と登場する「スーパーフード」が気になったりしますよね。ダイエットに最適な食品が登場するたびに、これなら楽に痩せられるのか?!とわくわくするのですがなかなかうまくいきません。そう、スーパーフードは使い方が重要なのです!本記事では、最近話題のスーパーフードであるチアシードの特徴と、ダイエットへの活用方法をまとめてお伝えいたします。

奇跡の食材チアシードとは?

チアシードは、サルビア・ヒスパニカという一年草の種子のことです。「力」や「強さ」を意味するチアという言葉と、種子(シード)という言葉を合わせてチアシード(力の種)と呼ばれています。

メキシコ原産の植物なのですが、古代マヤ・アステカ時代から食べられており、大さじ一杯のチアシードで1日生きていくことができると言われるほど多くの栄養を含んでいます。

チアシードダイエット

見た目は種子というよりはゴマによく似ていて、色の黒いブラックチアシードと、白色のホワイトチアシードの2種類があります。

アメリカでは数年前からブームになっており、海外セレブが愛用していることでも有名です。日本でも、ローラさんや道端アンジェリカさんが美容とスタイル維持のために愛用していることが知られており、注目されています。

チアシードにはこんな栄養が!

主な栄養素としては、体の機能を正常化してくれるオメガ3脂肪酸が挙げられます。これは脂質の一種であり、体内では生成されません。食べ物から摂取しなければならない必須脂肪酸と言われています。

オメガ3脂肪酸には、脳を活性化するDHA(ドコサヘキサエン酸)、血圧や中性脂肪を下げて血液をサラサラにしてくれるEPA(エイコサペンタエン酸)、アレルギーを抑え血行を良くし、老化の予防やうつ症状の軽減にも効果があると言われているαリノレン酸といった栄養素が含まれています。このため、代謝の促進や高血圧の予防、動脈硬化の予防にも効果があると考えられています。

栄養豊富なシアシード

その他にも、チアシードを水につけた時に表面に現れる透明な部分は食物繊維です。腸内環境を整えて便秘解消をサポートしてくれる食物繊維も多く含まれているほか、チアシードには体内で生成できない必須アミノ酸9種類のうち8種類が含まれています。これだけの量が含まれていることは、植物性たんぱく源としてまさに奇跡的と言えます。

さらにさらに、体を組織する上で大切なタンパク質、貧血予防に効果的な鉄分、免疫力をアップさせる亜鉛、骨や歯を作るカルシウム、不要な塩分や老廃物の排出を助けるカリウム、疲労回復に効果的なビタミンBなど・・・信じられないほどの栄養が詰まっています。

チアシードの選び方

チアシードには、黒っぽい通常のチアシードと白っぽいホワイトチアシードの2種類があります。ホワイトチアシードの方がより有効成分の含有量が多く、水を吸った時の膨らみ方も黒いチアシードよりも大きいため、どちらにしようか悩んだ時にはホワイトチアシードを選ぶことをお勧めします。

ホワイトシアシード

ホワイトチアシードは水を吸うとなんと14倍にも膨らみます。ダイエット中にはなかなか満腹感を得られることができないのが辛いですが、その辛さを緩和してくれるでしょう。

チアシードの正しい食べ方

1日に摂取すべきチアシードの量は大さじ1です。たった15gで食物繊維は3.4g含まれており、レタス1個分に匹敵します。カロリーは約50kcalです。栄養素が含まれている分意外とカロリーが高いので、食べ過ぎないように気をつけてください。

チアシードはそのまま食べても効果を得ることができません。水に浸して、冷蔵庫で10分以上は水を吸わせるようにしましょう。時間があるときは、半日ほど置いておくといいですよ。

水を吸わせるチアシード

混ぜて摂取するのに最適なものとしては、まずは普通にお水、野菜や果物で作ったスムージー、プロテイン、酵素ドリンク、ヨーグルトなどが挙げられます。水分を多く含むものであれば、混ぜ込んでチアシードに水分を吸収させることができますので、今行っているダイエット方法にうまく組み込んでみてください。

チアシードは置き換えダイエットに使える!

置き換えダイエットは、食事をなんらかのドリンク、食べ物に置き換えるダイエット方法です。600〜800kcalほどの摂取カロリーがある通常の食事と比べると大幅な摂取カロリーダウンが可能です。この置き換えダイエットにチアシードを取り入れてみましょう!

シアシードヨーグルト

スムージーや、ヨーグルトなどの置き換える食品にチアシードをプラスすれば良いだけです。たっぷりの栄養を取りつつ、満腹感も得られて一石二鳥ですよ。

チアシードの間違った摂り方

せっかくのチアシード、最大限に効果が発揮できる状態で摂取したいですよね。チアシードは水分と一緒にとらないと、お腹の中に入った時にお腹の中の水分を吸収してしまい、かえって便秘になりやすくなってしまいます。摂取する時には、水に浸したり、ヨーグルトに混ぜ込んだり、水分をたっぷり含ませた状態で摂取するように気をつけてください。

また、絶対にやってはいけないのがお湯でふやかすことです。チアシードの成分は食物繊維と必須脂肪酸とタンパク質なので、40度以上のお湯に浸かるとせっかくの栄養素が流れ出てしまうのです。特に、オメガ3脂肪酸は脂質なので、熱に弱く酸化しやすいです。温かい飲み物に混ぜたいと思うこともあるかもしれませんが、水を使って摂取するようにしましょう。

シアシードの取りすぎで便秘

最後に、チアシードはあくまでもダイエットをサポートしてくれる食品なので、摂りすぎは禁物です。チアシードは意外とカロリーが高く、100gで543kcalあります。チアシード100gでダブルバーガーに匹敵するほどのカロリーになりますので、1日の摂取量は大さじ1までを守るようにしてください。多くとったからといって効果が高くなるというものでもありません。むしろ、摂りすぎは便秘につながる可能性もあるので気をつけましょう。

チアシードの痩せ効果はいかに?

毎日の食事に10gほど取り入れるだけの簡単なダイエット方法なのですが、それゆえにすぐに効果が出るわけではありません。チアシードはあくまでもダイエットのサポートをしてくれる存在です。食べたからといって急激に体重が減ったりするものではありません。ですが、ダイエット中に不足しがちな栄養を補ってくれたり、満腹感を与えてくれたりすることでダイエットの後押しをしてくれる存在であることは間違いありません。

体重が基準よりもかなりオーバーしている方であれば、1〜2週間ほどで効果を実感できる方もいるようなのですが、個人差があります。減らないからといって量を増やしたり、摂り方を間違えないように気をつけてくださいね。

チアシードでダイエット

上手に取り入れて、綺麗にダイエットできるようにしていきましょう!

チアシードをダイエットに活用する方法まとめ

チアシードが奇跡の食材と呼ばれている理由についてご理解いただけたでしょうか。チアシードは豊富な栄養素を含んだスーパーフードですが、食べるだけでどんどん痩せていくといった類のものではありません。あくまでもダイエットをサポートしてくれる食品として、ダイエットの基本は守りつつ上手に取り入れて、美容と健康を保ちながらのダイエットが行っていけるように活用しましょう!