痩せたい方のお悩み解決!ダイエット情報ならダイエットスタイル。

お尻ダイエットの方法とは?【骨盤の歪みとりストレッチやお尻痩せエクササイズ】

   

ふとした瞬間にガラスや鏡に映った自分の歩き姿、後姿を見て、「えっ?」ってなったこと、ありませんか?お化粧をしている顔、鏡に映る上半身、お洋服を着た時に気になる足…でも、どうしても盲点になってしまうのがお尻です。自分ではあまり見えないのですが、周囲の人からは意外とチェックされているお尻!ほとんどの女性はもったりとした大きなお尻で残念なことになっていますが、たまにキュッと丸いお尻の女性を見ると、尊敬してしまいますよね。そんな尊敬されるお尻になるためには一体どうすればいいのでしょうか。

お尻ダイエット

お尻が太ってしまう原因と、最高のお尻を手に入れるための方法を、ご紹介します!

お尻が太ってしまう原因とは?

お尻が太く、大きくなってしまう原因は2つあります。

  • 筋肉の衰え
  • 骨盤の広がり

この2つです!ダイエットにも関わらず脂肪について触れていないのはお尻はそもそも脂肪を溜め込むための場所だからです。全身の中で最も脂肪が落ちにくいのは、お尻に脂肪が必要だから。お尻には骨盤という、全身を支える骨を守る役割があります。他にも、腹部にある内臓への衝撃を和らげる役割もあります。座る時のクッションになることはもちろん、転んでしまった時にクッションになって骨盤や内臓を守ってくれているのがお尻の脂肪です。このお尻の脂肪を落とすことに躍起になる必要はありません。そもそも、日本人女性はお尻の脂肪が少なく、外国の方からはぺったんこで魅力がない、という意味を込めて「パンケーキ」と呼ばれているそうですよ!

お尻ダイエット

お尻はまず、鍛えること。筋肉をしっかりつけて垂れ尻を防止、上向きまん丸、キュッと引き締めていきましょう。この時、骨盤が広がってしまっていると、横広がりのお尻になってしまい美しくありません。骨盤の位置を整えて、お尻を鍛える!この2つを実行していきましょう。

キュッと引き締まったお尻になるには?

では実際にキュッと引き締まったお尻になるために、これら3つを実行していきましょう。

  1. 骨盤の歪みとりストレッチ
  2. お尻痩せエクササイズ
  3. 歩き方の改善

人間の体には癖がありますので、骨盤も完璧に左右対称で美しい人はあまりいません。完全な形にすることは難しいのですが、間違った位置で凝り固まってしまっている状態をほぐすことには意味があります。寝る前のストレッチで1日の疲れを取るつもりで、ほぐしていきましょう。

特に重要なのはお尻を鍛えるエクササイズ!簡単にできるものだけを厳選しましたので、ぜひやってみてください。

最後に歩き方の改善です。これは、ダイエット全般にも言えることですが、正しく歩ければ痩せます。正しい歩き方は太ももの後ろやお尻の筋肉をかなり使いますので、これだけでも筋トレになるはずですよ。ダイエットなので、これらと合わせて食事の見直しも行い、食べ過ぎている場合には改善していくようにしましょう。

骨盤の歪みとりストレッチ

骨盤の歪みとりストレッチ

整体師さんが教えてくれる、寝転がってできる簡単なストレッチです。仰向けに寝転がって両手を広げたら、足を腰幅に広げます。右の膝を曲げて、膝を前に倒していきます。反対側の足でも行いましょう。つきにくい方があるはずなので、そちらは追加で20秒倒します。3回くらい繰り返しましょう。

たったこれだけです!骨の歪みは日常生活の姿勢・歩き方によって蓄積されるものではありますが、ずっとずれているわけではありません。元に戻れるようにほぐしてあげたら、日常生活を改善することの方がよほど大切です。

お尻痩せエクササイズ

骨盤のストレッチでスッキリしたら、エクササイズもしっかり行いましょう!キュッと引き締まったお尻を作るためのエクササイズで必要なのは、たった2つです。しんどい方はお尻歩きだけでも大丈夫です。もっと頑張れる、早く効果が出したい!という方はスクワットを行いましょう。

お尻歩き

まっすぐに足を伸ばして座ったら、手を胸の前で床と平行に組み、前に10歩進み、10歩戻ります。次に両手を上に上げて前に10歩進み、10歩戻ります。これを5回繰り返すだけなので、とっても簡単です。テレビを見ながらでもできますし、お子さんとの遊びにしてしまうのもアリですね!

スクワット

スクワットは、お尻をきれいにするのに最強のエクササイズです。こちらの映像はとてもわかりやすいので、見ながら動作を確認してみてください。スクワットをきちんとやると、お尻がキュッと上がってかっこいいボディラインが作れる上に、お尻だけではなく太ももの前後も引き締まります。お尻と太ももに境目がない、というのがお悩みな方にはとにかくスクワットです。

歩き方の改善

正しい歩き方のポイントは、「膝を伸ばしてかかとから着地すること」「股関節から足全体を引き上げ、前に出すこと」「肩甲骨を寄せて胸を張ること」「骨盤を前傾させて、前のめり気味で歩くこと」です。股関節から動かす歩き方をすると、お尻や太ももの後ろの筋肉を使っていることがわかると思います。

お尻ダイエット

股関節から動かすとうまく歩けないという時には、骨盤が後ろに倒れてしまっている可能性があります。人間の体は、直立した状態から少し前に斜めになると、体を支えるために自然と足が出るようになっています。この歩き方で歩けるようになれば、有酸素運動として行うウォーキングも、ちょっとしたお散歩も、お買い物も、すべてがお尻の筋トレになります。日常的にお尻の筋肉を使えるようになればもうこっちのものです。

お尻ダイエットの口コミを見てみる

お尻ダイエットはやり方を間違えている人が多く、今まではなかなか成功しづらいものと言われてきました。全身のダイエットには成功したのに、お尻は垂れたままだった。これは脂肪?それとも一体何?と悩んでいる方がとても多かったです。今は、筋トレを活用する方法が一般的になってきたので、美しいヒップラインを保っている方も徐々に増えてきました。お尻ダイエットは、やればやっただけ効果があります。

お尻ダイエット

スクワットの回数を後もう1回頑張る!ただそれだけで、変えていくことができます。

お尻ダイエットの方法とは? のまとめ

お尻ダイエットの方法について、いかがでしたか?キュッと引き締まったお尻になるコツはたった一つです。脂肪を取ることに固執せず、筋肉を鍛えていくこと!頑張ればその分結果が付いてくるのが嬉しいところです。お手洗いに行った後に10回、を繰り返すだけでも当然痩せてきます。膝に負担のある方はお尻歩きを行ってみてください。今日からやれば必ず変わりますよ!