痩せたい方のお悩み解決!ダイエット情報ならダイエットスタイル。

下半身ダイエットの方法とは?【股関節ストレッチと下半身エクササイズ】

   

すらりと伸びた美脚、引き締まったお尻、街ゆく人たちはどうしてあんなに細いのだろう? そして、なぜ私の下半身はこんなにもどっしりしているのだろう…。上半身は痩せやすいのに下半身は全然痩せない、鎖骨が出て、肋骨も見えてきて、なのに下半身はどっしり、まるで土偶のよう! 本当に涙が出てきますよね。ショートパンツやタイトなスカートを履きこなしたい! 下半身太りを解消するポイントは、これまでのやり方をガラッと変えていくこと。そのために行いたいのが、股関節の柔軟性と歩き方の改善、下半身のエクササイズです。

下半身ダイエット

それでは、下半身が太ってしまう原因と、その解消方法をまとめてお伝えいたします。

下半身に脂肪がついてしまう原因は?

下半身太りの原因とは一体何なのでしょうか。下半身太りは様々な要因が複雑に絡み合って起こります。一つずつ見ていきましょう。

運動不足

まず、運動不足により下半身の筋肉が衰えていくと血流の流れがとどこおり始めます。下半身は重力の影響を受けるために、水分や老廃物が溜まりやすい場所になっています。それを、筋肉の収縮の力で流すことで排出するのですが、筋肉が衰えるとこれができなくなってきます。その結果、ふくらはぎのむくみや、冷えなどを引き起こしてしまいます。

お腹ポッコリダイエット

リンパのつまり

筋肉が衰えてリンパの流れが悪くなると老廃物がたまり脂肪が凝り固まっていきます。手で絞ってみるとみかんの表皮のようにボコボコしてしまうあの厄介な脂肪のかたまりは、脂肪の蓄積とリンパのつまりが併発した時にどんどん増えていきます。

リンパのつまり

体のズレ

股関節や骨盤がズレたり柔軟性を失うと体の筋肉をうまく使うことができなくなります。そうすると通常、美しいすらっとした下半身にあるべきではない場所の筋肉が肥大していき、その筋肉の肥大によって骨が引っ張られてさらに体の歪みを引き起こしてしまいます。

身体のずれ

筋肉が衰える、血流が悪くなる、リンパがつまる、体のラインがズレてくる、それによって筋肉の使い方が悪くなり衰える、という恐ろしい悪循環が続いていくことになります。もういてもたっても入られませんね、それでは下半身太りを解消する方法について見ていきましょう!

下半身太りを解消する方法は?

下半身太りを解消する方法は、大きく分けて5つあります。ちょっと多いですね。それくらい、下半身太りを解消するのは大変です。様々な要因がありますので、一つずつやっつけていきましょう!

  1. 股関節のストレッチ
  2. 歩き方の改善
  3. 下半身エクササイズ
  4. 有酸素運動
  5. 食事の見直し

の5つです。今ある太い下半身は、毎日の習慣の積み重ねで作られたものです。この下半身太りを撃退するためには、毎日の習慣を変えていくしかありません。がんばりましょう!

股関節のストレッチ

股関節を柔らかくするバレエストレッチ

仰向けに寝転がったら、骨盤周りをゆらゆらと揺すります。両膝を立てて膝を揃えたら、足の重みを感じながら左右交互に倒します。5回ずつ繰り返します。

次に、右膝を倒し、左膝を立てます。左足で床を押しながら、お尻を斜め上に持ち上げます。そのあと、ゆっくり下ろすのを3回繰り返します。足を入れ替えて同じように3回繰り返します。股関節が開いていく感覚をイメージしましょう。続いてマーメイド座でのストレッチもあります。1日5分のストレッチで股関節をゆるめて柔らかくすることができます。深い呼吸を行うのでリラックス効果もあります。

色々なものに手は出さずに、この股関節ストレッチを継続してみてください。バレリーナのような柔らかな体を手に入れることができるはずです!

歩き方の改善

「痩せる歩き方」というのがあるのです。歩くだけで痩せる?! と思うと驚きかもしれませんが、痩せる歩き方というのは、正しい歩き方のことです。歩き方が悪いとおかしな場所に筋肉がついてしまい、その筋肉に骨が引っ張られて骨盤が広がってしまったり、O脚になる危険性があります。さらには、腰痛や外反母趾を引き起こしたり、40〜50歳になった頃に全身のバランスが崩れてしまうとか…恐ろしすぎます。

では、正しい歩き方とはどういったものなのでしょうか。

姿勢

正しく歩くために、まずは立ち姿勢を正しましょう。肩甲骨を少し中央に寄せて、腕の外側のラインが背中のラインに揃うように立ちます。この時、胸が引き上がるのと同時にお腹の中心の線がちょっと上に引き上がっていると思います。体重はかかとから足の裏の中央あたりにかかっている状態で、顎は引いてまっすぐに前を向き、頭のてっぺんから一本の棒が入っているような感覚で上に伸びあがった状態を保ちます。
下半身ダイエットの姿勢

歩く

腕は後方に向かって大きく振るようにします。重心はかかとからつま先へ移動するのが正しい歩き方です。つま先から着地していたり、かかとだけが地面に打ち付けられているということはありませんか? 正しい歩き方をしていると、靴底の減り方も均一になります。外側だけがすり減る、内側だけが、というようにすり減り方が偏っている場合にはうまく歩けていない可能性が高いので一度見直してみるようにしましょう。

歩き方改善の姿勢

これだけのことを意識するのは大変かもしれませんが、正しい歩き方というのは実は体に負担のない一番楽な歩き方でもあるのです。しっかり練習して、ウォーキングなどの有酸素運動を行う際にも効果を最大限に出せるようにしていきましょう!

下半身エクササイズ

下半身は歩くという日常動作に始まり、常に使っている部位になります。そのため、使い方が間違っていると筋肉がおかしな場所についてしまう原因になります。正しい位置に筋肉をつけて、常日頃から正しく筋肉を使うことで、すらりとした下半身を手に入れることができます。ここでは、正しいスクワットの方法をお伝えいたします。

スクワット

肩幅よりも広めに足を開き、つま先を少し外側に広げます。肩甲骨を少し寄せて胸を張って、腰を反らせたりしないように膝を90度になるまで曲げます。膝とつま先が同じ方向を向くようにしましょう。詳しくは映像を見ながらしっかりチェックしてください。

スクワットには太ももを引き締めるだけではなく、太ももとお尻の境目やお腹、ウエストまで効果のあるエクササイズになります。また、スクワットを続けることで体を支える筋肉が鍛えられて、正しい姿勢で歩くこともやりやすくなってきます。

有酸素運動

下半身痩せにはウォーキングなどの有酸素運動が重要ですが、先述しております通り、その歩き方が何よりも大切になってきます。間違った歩き方で有酸素運動を続けると、おかしな場所に筋肉がついて、その筋肉につられて体が歪んでいくという負のスパイラルに入ってしまいます。正しい歩き方に慣れるまではゆっくりと練習をするつもりでウォーキングをするようにしましょう。慣れてきたら速度を上げ、時間も長く取るようにすれば美しい下半身になっていくはずです。

ジョギングダイエット

有酸素運動は、毎日の習慣として気にせずにできることをやることが成果につながります。ジムで泳ぐぞ! ですとか、夜にジョギングをするぞ! など、新しいアクションを増やすと、よほど強い意志がない限りは挫折してしまいます。自分の生活の中で自然に取り入れられる有酸素運動を探すところから始めてみましょう。

食事の見直し

いくら運動をしても、食べ過ぎていてはダイエットすることはできません。ご飯、パン、パスタ、ラーメンなどの主食となる食事をとりすぎていませんか? これらは確かに美味しいですが、摂りすぎると体にどんどん脂肪が溜まっていきます。ビタミン・ミネラルが豊富で低カロリーな野菜や、たんぱく質が豊富で体の組織を作る働きをしてくれる肉・魚・乳製品などを中心としたメニューに変えていくようにしましょう。とはいえ、炭水化物である主食も人間の重要なエネルギー源です。完全にカットしてしまわずに、夜は控える、食べる量を半分にするなど対策を取るようにしましょう。

野菜でダイエット

下半身ダイエットの口コミを見てみる

下半身ダイエットに関するお悩みは尽きることがありません。昔からずっとこうだから体質なんだ、もうどうしようもないのだと思っている方も多いようです。確かに、下半身太りは長年の習慣の蓄積によって引き起こされているので体質と思ってしまう気持ちもよくわかります。ですが、今間違った方法を直せばまだ痩せられるチャンスはあるのです! まずは何事もチャレンジすることからです。少しずつ頑張っていきましょう。

下半身ダイエットの方法とは? のまとめ

長年の習慣によって出来上がったずっしりとした下半身は、改善するのにかなりの努力を要します。何せこれまでの習慣全てを見直す必要がありますから…。ですが、太ってきたのと同じように、体というのは「変化するもの」です。痩せるような行動をしていれば、時間はかかってもいつか必ず痩せることができます。諦めずにできることから少しずつ頑張っていきましょう!