痩せたい方のお悩み解決!ダイエット情報ならダイエットスタイル。

お腹ダイエットの方法とは?【有酸素運動と食事改善で】

   

すっと筋の入った引き締まったお腹って憧れますよね。でも、現実は白くてぷにぷにもったりした下腹、ジーンズからはみ出る贅肉! なんてことになっていませんか? お腹周りは年齢を重ねるにつれて脂肪がつきやすくなり、そしてとりづらくなっていきます。さらに、お腹周りは、全身の他の部位とは違って内臓が骨で囲まれていません。筋肉のコルセットがないと内臓がぽっこり出てしまうのです。

ウエストダイエット

今回は、お腹周りが太ってしまう原因と、ウエストは痩せてきたにもかかわらずなかなか凹んでくれないぽっこり下腹を撃退する方法をまとめてお伝えいたします。

お腹につく脂肪は2種類!

お腹につく脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があります。

内臓脂肪

内臓脂肪とは、胃や腸、肝臓と言ったお腹周りの内臓につく脂肪のことです。食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足によって蓄積され、糖尿病や高血圧、動脈硬化と言った成人病にもつながる危険性のある脂肪です。内臓まわりにつく脂肪なので、本来は筋肉を動かすエネルギーになるはずなのですが、使い切れないほどのエネルギーを摂取してしまうと内臓脂肪として様々な病気を引き起こします。一般的に、男性につきやすいと言われています。内臓脂肪は一見するとついているのかどうかわからないので、体組成計などで定期的にチェックをして予防することが大切です。

お腹ポッコリダイエット

皮下脂肪

一見してすぐに分かる、ぷにぷにした脂肪のことです。皮膚のすぐ下についており、一般的には女性につきやすいと言われています。女性の体は妊娠に備えて、子宮の周りを守ることのできる皮下脂肪を下腹に溜め込みやすくなっているのです。必要なものであることはわかるのですが、それでもぽっこり出ているままでは格好がつきませんよね…。皮下脂肪は少しずつ蓄積され、最後まで残り続けてしまい、非常に厄介ですので、予防と対策をコツコツやっていくようにしましょう。

お腹に脂肪がついてしまう原因は?

では、お腹に脂肪がついてしまう原因とは何なのでしょうか。答えはとてもシンプルです。食べ過ぎ飲み過ぎと、運動不足! たったこれだけです。お腹周りには、下半身についで大きな筋肉があります。余分なエネルギーを摂取していなければ、この筋肉を動かすために贅肉がつく隙はないはずなのですが…。日々のちょっとした食べ過ぎ飲み過ぎ、運動不足がなかなか取れない皮下脂肪になってしまうのです。

食べ過ぎ

下腹の皮下脂肪を減らす方法は?

下腹の皮下脂肪を減らす方法は、大きく分けて3つあります。

  1. 筋トレ
  2. 有酸素運動
  3. 食事の見直し

の3つです。

お腹周りは内臓も多いため、常にあたたかく保たれています。血流も割と良い部位になりますので、マッサージよりは筋トレで筋肉を刺激してあげることが大切です。ですが、それだけでは皮下脂肪はなくなりません。皮下脂肪を燃やせるのは、有酸素運動です。激しい運動ではなく、長時間行えて継続できる運動を行うようにしましょう。そして最後に、食事の見直しです。いくら筋トレや有酸素運動を頑張っていても、カロリーの摂取量が過剰であれば脂肪の蓄積は止まりません。せっかくの努力を無駄にしないように、食事の見直しも並行して行うようにしましょう。

お腹周りの筋肉を目覚めさせる筋トレ

姿勢が崩れているとお腹周りの筋肉はどんどん緩んでいき、皮下脂肪をため込む原因になっていきます。お腹周りの筋トレで腹筋を目覚めさせて、普段から腹筋を使うよう意識しましょう。ここでは簡単にできる腹筋の筋トレ方法をお伝えします。

ドローイン

仰向けに寝転がり、膝を立てます。腰が反らないように腰の下にタオルを入れます。かかとの位置に注意して腰が反らないようにします。お腹の上にタオルを乗せて、手のひらを上に向けて体の横に腕を置きます。ゆっくりと息を吐きながらお腹を凹ませます。お腹以外に力が入らないように気をつけます。5回を2セット行い、慣れてきたら回数を増やすようにしましょう。

寝転がってのドローインでコツをつかんだら、立っている時でも座っている時でもできるようになります。ドローインは腹式呼吸を行うことで代謝もアップさせてくれますので、癖になるくらいやりましょう!

下腹を引っ込めてウエストを細くする腹筋トレーニング

仰向けに寝転がり、足を上に上げてクロスして、斜めに伸ばす動作と上に引き上げる動作を繰り返すものです。簡単な動作ではあるのですが、お腹にめちゃくちゃ効きます。最初からこの回数を行うのは大変だと思うので、できる回数から初めて継続しましょう。

体幹トレーニング

うつ伏せになり握りこぶしを床に立てに置きます。握りこぶしから肘までを90度にして、体を持ち上げます。足のつま先を立てて体を浮かせます。頭から足が一直線になり、お腹が沈んだりお尻が出っ張らないように気をつけます。この姿勢で10秒キープしましょう。

体幹を鍛えることで姿勢も良くなり、全身の脂肪燃焼にも効果があります! さらに余裕が出てきたら、片足ずつ上に持ち上げるとより効果的です。最初はかなりきついと思いますが、慣れてくると5分間この姿勢が保てるようになるようです。そこまでできるようになれば、綺麗な腹筋が手に入っているはずですね。

有酸素運動

筋トレだけでは脂肪は燃えません! 脂肪を燃やせるのは有酸素運動だけ、です。今日から早速、20分のウォーキングを始めましょう。通勤・通学時に2駅くらい手前で降りると20〜30分くらいのウォーキング時間を作ることができます。

ジョギングダイエット

有酸素運動のポイントは、毎日の習慣として気にせずにできることをやることです。ジムで泳ぐぞ! ですとか、夜にジョギングをするぞ! など、新しいアクションを増やすと、よほど強い意志がない限りは挫折してしまいます。自分の生活の中で自然に取り入れられる有酸素運動を探すところから始めてみましょう。

食事の見直し

皮下脂肪は、食べ過ぎ飲み過ぎが原因です。一度1日にどれくらいの食事を取っているのか書き出してみて、カロリー計算をしてみましょう。そして、自分の基礎代謝・1日の消費カロリーを計算して、食べ過ぎになっていないかどうかをチェックしましょう。

一度ついてしまった脂肪を落とすのは大変なことです。半年〜1年先まで続けられる方法でしっかりとダイエットに挑みましょう!

野菜でダイエット

お腹ダイエットの口コミを見てみる

お腹は常に服に隠れている部位なので、夏が近づくと慌てて「どうにかしなきゃ!」と思う方が多いようです。しかしながら、お腹周りについている皮下脂肪を落とすのにはかなりの時間がかかります。急激な食事制限は、体調を崩す危険性があるほか、内臓脂肪の蓄積を引き起こす可能性もあります。まずは脂肪をつけないような生活を行うこと、ついてしまった脂肪には筋トレと有酸素運動で地道に対策することを覚悟しましょう。

背中のダイエット

お腹の脂肪に苦しむ人がいる中で、最近は腹筋が割れている女性もちらほら目立つようになってきました。SNSで検索すると、一般女性であるにもかかわらず美しいお腹をしている方がたくさんいらっしゃいますので、モチベーション維持のためにも見てみると良いと思います。

SNSやfacebook

お腹ダイエットの方法とは? のまとめ

日々の生活で少しずつ蓄積されていくお腹の脂肪は、とても落としにくいです。地道な努力が実を結びますので、諦めずに頑張っていきましょう! 筋トレで腹筋を目覚めさせ、有酸素運動で脂肪を燃焼し、食事を見直して余計な脂肪の蓄積を防ぐ。言うだけならこんなに簡単なのに、筆者もずっと悩んでいます。コツコツ頑張って、理想のお腹を手に入れましょう!