痩せたい方のお悩み解決!ダイエット情報ならダイエットスタイル。

スクワットでダイエットの正しいやり方と効果 【成功する回数と期間は】

   

ダイエットの目的は様々ですが、ただ痩せるだけではなく魅力的なボディラインになることが大切ですよね。せっかく体重が減ったとしても、貧相な体ではダイエット成功とは言えません。日本人の女性が特に弱いのが、ヒップ!海外セレブのようなぷりっと上がった綺麗に丸いヒップにはどうすればなれるのでしょうか?

スクワットダイエットの方法と効果

日本人女性はそもそも、お尻に脂肪や筋肉がつきにくいと言われています。生活習慣ゆえなのか、食の違いによるものなのかは分かりませんが、意識してトレーニングをしないとあのヒップは手に入らないのです。では一体どうすればいいのでしょうか…? ヒップアップ、太もも痩せ、ウエスト痩せの全てに効果的なトレーニングが、スクワットです!

最近は筋トレをして筋肉で体を引き締める、ということが広まってきました。少し前まではひたすらに食事制限を行ってガリガリに痩せてしまう女性が多かったのですが、最近は少しずつ健康的な痩せ方が広まってきています。もちろん、筋トレも合わせて行ってダイエットをした方が、ボディラインが整うだけではなく、太りにくく痩せやすい体にもなるためおすすめです

それでは、スクワットを活用したダイエット方法について詳しく見ていきましょう!

スクワットには一体どんな効果が?

女性にも適度な筋トレは必須です。筋トレによって筋肉を鍛えると、太りにくく引き締まった体になっていきます。スクワットのように、下半身にある大きな筋肉を刺激すると全身の血行が良くなりむくみの解消、脂肪燃焼効果、その他寝つきが良くなったり、自律神経が整ったりといいことづくしです。また、筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは美容の世界では若返りホルモンと言われており、肌や髪にハリやツヤを与えてくれます。

筋トレなんてしたら逆に太くなってしまうのでは? と心配される方もいらっしゃいますが、女性はちょっと筋トレしたくらいでは、むきむきになったりしないのでご安心ください。ウエストを引き締める時に腹筋を行うのと同じように、下半身を引き締めるのにはスクワットが一番効果的なのです。細い太ももは、実は筋トレで作られるんですよ。

スクワットダイエットで細い脚

もし、筋トレ後に足や腕が太くなった気がするというのであれば、それは運動直後のむくみです。時間が経てば改善されますし、実際に筋肉がついて来れば血液を心臓に押しもどすポンプのような役割を果たしてくれるため、むくみそのものも解消されてきますよ。

効果的なスクワットのやり方

スクワットは基本の姿勢をきっちりと押さえることが何よりも大切です。間違ったやり方では効果も半減!まずは動画でしっかりチェックしましょう。

よくある間違いについても詳しく説明してありますので、鏡を見ながらフォームをチェックしてみましょう!

スクワットで下半身だけではなく、背中痩せもかなえる方法です。

見た感じ簡単そうですが、これが意外としんどいのです…! 姿勢を正して、体の中心でバランスを取りながら行うことで体幹も同時に鍛えることができます。

スクワットなどの筋トレは、1日に数回、短い時間でもしっかりと効果を得ることができるのが魅力です。有酸素運動は少なくとも20分の運動が必要ですから、例え忙しくても簡単に導入できるものといえば、筋トレでしょう。ダイエットで脂肪燃焼していくためにはもちろん有酸素運動も必要ですが、その脂肪燃焼の火付け役となるのがスクワットなどの筋トレです!上手に取り入れて、最大の効果が得られるように工夫しましょう!

ダイエットにスクワットを取り入れる上で気をつけること

筋トレを行うということは、今ある筋組織にあえて負荷をかけ、傷をつけ、修復させるということです。筋肉の修復のためにはタンパク質やミネラル、ビタミンが欠かせません。食事から摂取するのも良いのですが、ダイエット中は摂取カロリーも気になるものです。そんな時は、プロテインやサプリメントの力を借りましょう。栄養不足の状態では、せっかく頑張ってスクワットをしても、効果が半減してしまいます。

プロテインダイエット

基礎代謝を上げるためにはとにかくタンパク質をしっかりとることが重要です。お菓子を食べ過ぎて摂取カロリーがオーバーしてしまったという日でも、タンパク質だけはとった方が良いです。カロリーよりも、タンパク質をとることの方が大切です! これを一つ、覚えておいてください。

そして、筋トレでは筋肉はつきますが、痩せはしません。痩せないですが、焦って筋トレをやりすぎると体を痛めることもあります。脂肪を燃焼させるためには有酸素運動もしっかり取り入れるようにしましょう。

1日4分ほどのスクワットで理想のボディラインが手に入る!

スクワットを実際に行ってみるとわかると思うのですが、4分あれば50~80回もできます。これを2日に1回、1ヶ月続けたとすると、600~1,000回ものスクワットを実行したことになります!一度に1,000回なんて到底できませんが、毎日の積み重ねになるとこんなことも実現できるのです。1,000回スクワットをしたら体はどうなると思いますか…? もちろん、見た目も変わってきます。筋肉がつくことで歩く時の姿勢もきれいになってきますし、立ち姿にも自信が持ててくるはずですよ。1日たった4分、その4分をどうするか、なりたい自分になるために使うのか、諦めてしまうのか。全てはアナタ次第です。

実際にスクワットを取り入れて痩せた人の口コミ

筋トレをダイエットに取り入れると、ダイエット前とは体の見た目が大きく変わります! 食事制限だけで痩せると、ひょろひょろと不健康な痩せ方をしてしまうのですが、筋トレを行なっていると、パリッとハリがあって、見た目だけでも元気が良さそうな印象を与えることができます。

筋トレはジムに行って行わなくても自宅で簡単に行えますし、場所も時間もお金もそこまでかかりません。筋トレを取り入れる場合には、体重にとらわれ過ぎずに、毎日鏡の前でボディラインのチェックをしてみてください。3ヶ月後には生まれ変わった自分に会えるはずです。

実際にスクワットをダイエットに取り入れた人の評価も高く、1ヶ月ほどで小さな体重変化、お腹周りから太ももあたりへのボディラインの変化が実感できるようです。1日60回頑張った方で、1週間で2kgもの減量に成功した方も!また、下半身だけではなく背中まわりがスッキリしてきたという方もいました。下半身には全身の70%もの筋肉が集中しています。その大きな筋肉を刺激することで全身の血行促進にも繋がり、こうした効果が得られるのです。

スクワットをダイエットに活用!のまとめ

有酸素運動はしっかり取り入れているのになかなか体重が減らない…という方は、筋肉量が減少しているかもしれません。スクワットを取り入れて体そのものを、何もしなくても痩せる体質に変えてしまいましょう! 正しいフォームでスクワットを行うと、背中、お腹、お尻、太ももの内側、裏側、普段なかなか使うことがなくて脂肪がたまりやすい箇所にしっかりと刺激を与えることができます。きゅっと上がったヒップと、太ももとお尻の明確な境目!今すぐにでもほしいですよね。まずは焦らず、しんどくない程度に毎日継続して行ってみてください。